uni farm

immersedを使ってOculus Quest2バーチャルデスクトップ

Oculus Quest2 を買ったので、immersed というアプリを使って VR 空間上でリモート接続して PC 操作できるようにしてみたメモ

Immersedは VR 空間に仮想オフィス(PC 作業向け)を行えるようなアプリ。一人はもちろん、複数人向けの空間も作ることができ、チームコラボレーションなんかもできるらしい

環境

  • ubuntu: 18.04
  • immersed: 7.2

構築手順

  1. アプリのダウンロード(Oculus)

Oculus Quest の「Immersed」 | Oculusよりインストール

  1. ファイルダウンロード(PC) Immersedよりデスクトップアプリをダウンロード

ubuntu(Linux)は.AppImageファイル形式だった

AppImage はそれ自体が実行ファイルなので、ファイルを右クリックー>プロパティー>実行の項目にチェックをいれる

実行可能ファイルとして設定

もしくはコマンドにて実行権限を与える

chmod a+x Immersed-x86_64.AppImage

そのままアイコンをダブルクリックすれば起動する

  1. 接続(Oculus/PC)

Oculus 側でアプリを立ち上げると、認証コードがでてくる

PC 側でコードを入力し、connect を押すと、表示される

immersed verification

immersed connect

作業画面

画面はこんな感じになる

immersed pc

下の方の黒い部分は物理空間に設置してるキーボードとマウスの透過画面。画像撮ったら黒くなってしまった

  • 画面は距離や大きさ、パネルの曲率を変えることができる
  • キーボード、マウスは PC or Oculus にペアリングしたものを使用できる
  • Oculus 上で操作して音を出すと、当然 PC から音が出てくる
  • 仮想キーボードが表示される、ロック状態にするとコントローラーからキーボードの入力もできる
  • ホワイトボードが出せる(OculusQuestのコントローラーでやると手ブレがすごい、なにかそれ用のデバイスがあるのだろうか)
  • paththrouthを用いて任意の領域を現実空間の映像を表示できる。例えば部分的にPCで使用しているキーボードやマウス表示して使える

各々表示widgetの位置は好きに動かせるのでうまく調整すれば寝ながら作業できそう

カメラ

(基本Private環境で使うので使わないけど) PC側のAPPを実行したら、webcamアプリを入れるように言われたのでインストールしてみた。カメラ使わないなら入れなくても動く。コマンドが結構むずかしい

https://blog.immersed.team/immersed-webcam-on-zoom-mac-f8c0e48b4813

git clone https://github.com/umlaeute/v4l2loopback.git
cd v4l2loopback/
make && sudo make install
sudo depmod -a
modprobe v4l2loopback
sudo modprobe v4l2loopback

参考

2022, Built with Gatsby. This site uses Google Analytics.