uni farm

kubeflowをdocker-for-macにインストール

kubeflowはgoogleが作った機械学習パイプラインを作成するためのフレームワーク。macで試した。

docker for mac の kubernetes 上に構築してみた

kubeflowはv0.5.1を使用している

requirements

docker

stable だと kubernetes のバージョンが足りなかったため

docker edge version を入れる

Docker Desktop for Mac Edge release notes | Docker Documentation

  • kubernetes を有効にする

docker-for-mac

  • リソースを設定する

公式より https://www.kubeflow.org/docs/other-guides/troubleshooting/#minikube

minikube start --cpus 4 --memory 8096 --disk-size=40g

が必要と思われる

docker-for-mac

以下のバージョンをインストールした

  • docker: 19.03.0-rc2
  • kubernetes: v1.14.3

kfctl

kubeflow を起動したりするためのスクリプト

kubeflow のリリースページからインストールする

Releases · kubeflow/kubeflow · GitHub

kfctl_v0.5.1_darwin.tar.gz

をダウンロードした

ksonnet

kubernetes のクラスター、コンフィグ等を作成する時に使う cli

GitHub - ksonnet/ksonnet: A CLI-supported framework that streamlines writing and deployment of Kubernetes configurations to multiple clusters.

brew install ksonnet/tap/ks
ks version
ksonnet version: 0.13.1
jsonnet version: v0.11.2
client-go version: kubernetes-1.10.4

セットアップ&起動

Kubeflow on Kubernetes | Kubeflow を参考におこなっていく

  • kfctl コマンドの設定
tar -xvf kfctl_v0.5.1_darwin.tar.gz

# Add kfctl to PATH, to make the kfctl binary easier to use.
export PATH=$PATH:"<path to kfctl>"
  • 環境変数の設定
export KUBEFLOW_TAG=v0.5.1
# kubeflowの設定ファイルが入る
export KFAPP=apps

credentialの設定が必要なら以下も行う

# Specify credentials for the default user.
export KUBEFLOW_USER_EMAIL="admin@kubeflow.org"
export KUBEFLOW_PASSWORD="12341234"
  • 起動
kfctl init ${KFAPP} -V
cd ${KFAPP}
kfctl generate all -V
kfctl apply all -V

notebook 作成

port forwardして、kubeflow dashboardに接続

kubectl port-forward svc/ambassador -n kubeflow 8080:80

http://localhost:8080

より、notebook を作成、しばらくするとアクセスできる

kubeflow notebook

停止、削除

kfctl delete  -V

参考

2022, Built with Gatsby. This site uses Google Analytics.