uni farm

flutterで作ったアプリgithub pagesにデプロイ

flutter webを有効にしてみたので、github pagesで表示されるようにデプロイ方法を整えた

webページリポジトリはこんな感じ

さけのわデータviewerを作った

環境

  • flutter 1.20.0
  • dart 2.9.0

デプロイ

github pageは任意のディレクトリ(今回は./build/webを)に対してサイト公開できないため

github-pages-actionを用いて、github actionsにてデプロイする

flutter用のテンプレートがあったので、これを使う。基本的に./github/workflows/web.ymlなどとして置いてやればよい。GITHUB_TOKENの設定も自動で行われるので必要ない

gh-pagesというブランチにpublish_dir以下のファイルが追加されるので、gh-pagesブランチをリポジトリのgitub pagesに設定してやる

デプロイしたあとの画面はこんな感じ

flutter web gh pages

apiはcorsがかかっているため↓のコマンドでchromeを立ち上げて、確認した

/opt/google/chrome/chrome --disable-web-security --disable-gpu --user-data-dir=~/chromeTemp

flutter webでのcorsの回避方法は色々探したけどなさそうだった

参考

2022, Built with Gatsby. This site uses Google Analytics.