uni farm

aws Amazon API Gatewayでcloudwatchログを有効にする

Amazon API Gatewayのリクエストログ等をcloudwatchで見れるようにする

Amazon API Gatewayは文字通り、apiとしての機能を提供するためのサービス。lambda関数などを外から実行できるようにする時などに使う。cloudwatchでリクエストがきたときのログ何かを見れるようにする設定方法を残しておく

roleの設定

api gatewayのコンソール画面からapiを選択肢、settingから、api gatewayのlogを転送する権限(AmazonAPIGatewayPushToCloudWatchLogsのpolicy)を持つrole arnを入力し保存する

apigateway set up role

ログの有効化

apiについて、stages->log/traceタブから、各種ログの有効化とログレベルを設定して、保存する

apigateway set up log

ログの閲覧

cloudwatchのコンソール画面からサイドバーのLog groupsを選択する。 REST APIの場合は、prefixとしてAPI-Gateway-Execution-Logsがつくのでこの文言で検索すると出てくる

参考

ログの設定方法公式ドキュメント

2022, Built with Gatsby. This site uses Google Analytics.