Oculus Quest2 を買ったので、immersed というアプリを使って VR 空間上でリモート接続して PC 操作できるようにしてみたメモ

Immersedは VR 空間に仮想オフィス(PC 作業向け)を行えるようなアプリ。一人はもちろん、複数人向けの空間も作ることができ、チームコラボレーションなんかもできるらしい

環境

  • ubuntu: 18.04
  • immersed: 3.4

構築手順

  1. アプリのダウンロード(Oculus)

Oculus Quest の「Immersed」 | Oculusよりインストール

  1. ファイルダウンロード(PC) Immersedよりデスクトップアプリをダウンロード

ubuntu(Linux)は.AppImageファイル形式だった

AppImage はそれ自体が実行ファイルなので、ファイルを右クリックー>プロパティー>実行の項目にチェックをいれる

実行可能ファイルとして設定 実行可能ファイルとして設定

もしくはコマンドにて実行権限を与える

chmod a+x Immersed-x86_64.AppImage

そのままアイコンをダブルクリックすれば起動する

  1. 接続(Oculus/PC)

Oculus 側でアプリを立ち上げると、認証コードがでてくる

PC 側でコードを入力し、connect を押すと、表示される

immersed verification immersed verification
immersed connect immersed connect

作業画面

画面はこんな感じになる

immersed pc immersed pc
  • 画面は距離や大きさ、パネルの曲率を変えることができる
  • キーボード、マウスは PC or Oculus にペアリングしたものを使用できる
  • Oculus 上で操作して音を出すと、当然 PC から音が出てくる

画面の位置を好きに動かせるのでキーボードの位置さえどうにかすれば寝ながら作業できそう

参考